HOME>オススメ情報>CTIで業務の効率化や人件費の削減が図れる

CTIを導入することで得られる利点

CTIを導入すると業務を効率化して人件費が削減できたり、顧客からの不満を防いだり、管理者が業務全体を把握しやすくなったりするメリットがあります。

導入する前の流れ

サービス業者に問い合わせる

サービス業者のホームページの申し込みフォームもしくは電話にて問い合わせをします。

CTIの申込書を提出する

業者から送られてきたCTIの申込書に必要事項を書き込み提出します。

開通情報が送付される

業者による利用環境の準備及び開通情報が送付されます。

インストールや設定を行う

CTIを導入するのに必要な設定やインストールを行います。

CTIを使った業務を開始する

全ての設定が完了したら業務を開始できます。

便利な機能が搭載されています

システム CTIとは電話・FAXをコンピューターと結んだシステムです。最近の電話は誰からかかってきたのか分かるナンバーディスプレイ機能があります。CTIではこれだけでなく多くの機能があります。まずはポップアップ機能です。顧客情報・商品情報・過去の取引情報などを把握できます。次が定番の着信履歴です。保存件数が無制限なので、どんな日付のものも検索したり並び替えたりできます。通話を録音する機能もあります。通話を証拠として残せるのでデータの蓄積が可能です。今後の対応や顧客対応に生かせるでしょう。

コールセンターで活躍します

女性 CTIシステムは便利ですが、コストの高さゆえに中小企業での導入率は高くありません。主に導入されている業界はコールセンターです。常に電話対応とコンピューターの操作を行うため、導入していない会社の方が少ないです。コールセンターではまず顧客が対応したら通話できる予測発信機能があります。予測発信機能があればダイヤルプッシュする必要がありません。すなわち電話の掛け間違いを防げます。録音機能も初めから搭載されており、顧客とのトラブルや内部の業務を録音できます。大事な証拠が残せるのもシステムのひとつと言えるでしょう。そして、オペレーターの業務状況を知れるモニタリング機能もあります。きちんと業務をこなしているかどうかスーパーバイザーが正確に判断できます。

広告募集中